地図で歩く東京下町―東京”なごみ街”散歩 (JTBのMOOK)



ハワイ・トレッキング―自然とふれあう54コース子どもと楽しむ埼玉アウトドアブック死体は散歩する (創元推理文庫)サイクルスポーツ攻略法 (岩波ジュニア新書)中央アルプス・南アルプス 見る・撮る・描く絶景の山 (ビジュアルガイド)燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)地図で歩く東京下町―東京”なごみ街”散歩 (JTBのMOOK)自転車人 (Number02(05-06.autumn-winter)) (別冊山と溪谷)チャレンジ!アルパインクライミング 南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編野花で遊ぶ図鑑 (アウトドアガイドシリーズ)


地図で歩く東京下町―東京”なごみ街”散歩 (JTBのMOOK)
地図で歩く東京下町―東京”なごみ街”散歩 (JTBのMOOK)

ジャンル:
セールスランク:64174 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 500 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

旅行者と「下町」をつなげる本

この手の【地図本】が最近次々と出版されていて、デザインもよく似ているので
どの出版社のものを選べばいいか、店頭で迷うことがあるが、
今回、「東京の下町を巡りたい」と思い立ち、書店に訪れ、見比べて、
ピンクの表紙のこれに決めたのは、地図で街を紹介するフォーマット的なページ以外の、
『下町の和雑貨』『下町の銭湯』『下町ネコ写真館』といったテーマに沿った編集ページが
東京の下町の香りを感じさせてくれたから。

実際にこの本を手に、浅草、上野、根津、日暮里、神楽坂を訪れた。
何度も訪れたことのある観光地も、エリアごとに特色づけられた本書で改めて「予習」すれば、
違った様相で見えてくるから楽しい。
たとえば、神楽坂。ただ何となく歩くのももちろん良いが、歴史好きには
「ここがかくれんぼ横丁」「ここが熱海湯階段」と認識しながら訪れると尚一層良いものだ。

当時の面影をほとんど残さない「小栗横丁」を探し歩いていて、地元にお住まいの
女性に声をかけて、【地図本】を見せて尋ねると、今まさに自分たちが立っている場所だった。
「昔はあそこに料亭があって、あっちには…」と往時の様子を教えていただいた。
「下町」とは総じて排他的だと言われるが、親切な応対に心温まったひとときだった。
地元の方と旅行者との、ひとときの交流。これも、旅行の醍醐味だろう。

そういった意味で、「地図」で詳細にスポットを紹介してくれる本書は、旅に最適のガイドだ。

ただ、プロが撮ったとは思えない色合いや明度や構図の写真が散見されるので★4つ。
サイズが小さいとはいえ、そこはこだわっていただきたい。
我々は写真から、見知らぬ町の気配を想像し、訪れる楽しみを増幅させるのだから。



ジェイティビィパブリッシング
地図で歩く新東京観光―行きたいポイントにすぐ行けるかんたん地図 (JTBのMOOK)
東京下町歩く地図帳 (’08~’09) (J GUIDE MAGAZINE)
東京都心(まんなか)歩く地図帳 ’08 (Jガイドマガジン)
東京下町グルメまるかじりガイド―江戸っ子の粋な味、うなぎ、天丼、鍋、洋食、甘味処…
東京下町歩く地図帳 (’07) (J GUIDE MAGAZINE)